2012年5月22日火曜日

「ゲームアンプ」 アメーバピグ スロット自動スピンプラグイン

効果は下記のようです。


ゲームアンプ公式サイトはこちら
アメーバピグ スロット自動化プラグイン作り方。
(プラグインなしの実現は下記の記事を参照してください。)
「ゲームアンプ裏技」アメーバピグスロットでプラグインなしの自動スピン

まずはパケットスパイでスロットスピンのパケットを追跡します。
パケットスパイの画面でデータを全削除して、新しいパケットが見やすくなります。
(追跡の仕方は下記の記事を参考してください。)
パケットスパイでパケット通信追跡

スピン操作のパケットを保存して、HEXビューアで表示します。
( HEXビューア は下記の記事を参考してください。)
JSONデータビュアーとHEXデータビュアーの利用


こちらのバイトを利用してSend_xxxx関数を作成します。


    public void Send_spin(byte[] buf)
    {
        byte[] spin = new byte[]
        {
            0x00, 0x10, 0x08, 0x10, 0x00, 0x00,
            0x00, 0x0F, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00,
            0x00, 0x04, 0x73, 0x70, 0x69, 0x6E,
            0x01, 0x00, 0x00, 0x00, 0x14, 0x00,
            0x00, 0x00, 0x05
        };
        while (!IsStoped)//IsStopedはPluginクラスの変数で、終了状態になってるかを表示します。
        {
            Thread.Sleep(500);
            SendBytes(spin);
        }
    }

Send関数が実行されるのはRecv_xxxx関数の戻り値がtrueだった場合ですので、そのRecv関数も書きます。



スロットルームでスピンを始まる前上のようなパケットを受信しましたので、そのバイトでパケットを絞ります。
    public bool Recv_spin(byte[] buf)
    {
        byte[] filter = new byte[]
        { 
           0x73, 0x65, 0x74, 0x50, 
           0x6C, 0x61, 0x79, 0x65, 0x72
        };
        ByteArray ba = new ByteArray(buf);//ByteArrayはPluginに含まれてるbyte[]操作クラスです。
        return ba.IndexOf(new ByteArray(filter)) > 0;
    }



最後にはクラス名を AmebaSlotPluginにしてプラグインを作ります。

public class AmebaSlotPlugin : Plugin
public AmebaSlotPlugin() : base(typeof(AmebaSlotPlugin))
    {
    }



プラグインファイルはこちら
ダウンロード

プロジェクトファイルはこちら
ダウンロード

プラグインの開発は下記のページを参考してください。
ゲームアンププラグインの作り方

ゲームアンプ公式サイトはこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿